消費者金融は利用のしやすさで比較しよう

Posted by aradmin on 2015年7月8日 with Comments Closed

消費者金融を比較する時は、金利や利用限度額といった数字を見るよりも、サービスやキャンペーンを見たほうが良いです。
どうしてかというと、たいていの消費者金融の上限金利は18%だからです。
また、長い間利用するという方は少なく、カードローンを利用する大半の利用者は10万円以下の借り入れが9割です。
このことから、キャッシングを利用する方の多くは、サッと借りられてパッと返せるキャッシングを求めていることがわかります。


《消費者金融の差はどこでできるのか》

今となっては大手消費者金融のカードローンは似たようなもので、即日融資はデフォルトになりつつあります。
そのため、どこで差ができるのかというと、サービスの質やキャンペーンなど付加価値のあるものです。
その代表的な例が、プロミスやアコムの30日間無利息サービスです。
このような他社には無い「特典」をキャッシングの付加価値にすることで、消費者金融は他社との比較において優位に立とうとしています。


《そんなカードローンの良いところ》

そんな消費者金融から発行されているカードローンは、すぐにお金を借りることができて同じようにすぐに返せるところが魅力です。
無人契約機や提携ATMの数がとても多く、借入においても返済においても利用する場所に困ることはあまりないでしょう。
それゆえに、自分のクレジットあるいはキャッシュカードと勘違いして使ってしまわないように気をつけなければいけません。

ブラックな消費者金融に引っかかったら

Posted by aradmin on 2015年2月5日 with Comments Closed

消費者金融を綿密に比較検討して決めたとしても、実は暴利で裏を返せばブラックな金融機関だったという話はよく耳にします。大手ではない個人で運営しているような金融機関によく見られるようで、何かに投資をさせてお金を貸すというやり方で貸金業を営むタイプの金融機関は要注意です。

様々なやり方で法外のお金を取ろうとしてくるヤミ金ですが、万が一そんなところと契約をしてしまった場合にはどう対処したら良いのでしょうか。ここではそんな消費者金融もどきに出くわした際の有効な手段についてご紹介致します。


法律を良く知る専門家に相談する

自分だけでは対処出来ない法律に関わることについては専門家に相談することが一番です。今は消費者金融や銀行でお金を借りる方がとても増え、様々なトラブルも同時に増えています。このような状況に対応するために法律事務所でも金融関係の相談窓口を設けているところが多くなり、今は簡単に法律のプロと相談が出来る時代になりました。
相談後に解決をするために弁護士に依頼をするとなると料金が発生する場合もありますが、それは各法律事務所によって異なります。サラ金だけでなくお金にまつわることであれば何でも相談することが出来るのでおすすめです。


消費者金融もどきの相談といえばここ

専門の相談員によって公正な立場から客観的にアドバイスをくれることで有名なのが国民生活センターです。ここではインフルエンザからクーリングオフまで様々な悩みを相談し解決に導くことが出来ます。その中でも特に電話が鳴らない日がないと言われているのがお金に関する悩み相談です。
国民生活センターの更に金融系の悩みは消費生活センターが請け負っており、全国にその支部があります。自分の住まいに近い場所に相談すればその地域独自の制度や決まり事にも沿って相談を受けてくれるためとてもおすすめです。土日祝日も相談窓口は閉まることがないので、自分の状況に気が付いた際にいつでも電話をすることが可能です。

消費者金融やヤミ金など、お金に困ったらとにかく一人で考えようと思わずに相談をしましょう。相談をすることが恥ずかしいと感じる方も沢山いらっしゃいますが、そのまま自分の人生を捨ててしまう方が恥ずかしいことなのです。お金は人間にとってとても大切なものですが、ヤミ金の問題は命をかけてまで解決するような問題ではありません。自分の今の借り入れ状況を他の借り入れ状況と比較し、もし法外の取立てに近いものだと感じたら、すぐに相談窓口に電話しましょう。

消費者金融の偽物体験談

Posted by aradmin on 2015年2月5日 with Comments Closed

お金を借りる際に選んだ消費者金融がまさかのブラック金融だったら、実際にどのような事態に陥ってしまうのでしょうか。世間ではヤミ金という言葉で有名ですが、騙されたことがない側からするとその被害は妄想で造り上げるだけになってしまい、あまり信憑性がありません。
そこで今回はより一層危機感を持って頂くために比較的オーソドックスなヤミ金体験談を一つご紹介致します。


地の底まで追いかけるヤミ金の取立て

返済しない方が悪いと言えばそれまでですが、ヤミ金はその非道なまでの取立てでとても有名です。
「過去の借り入れ状況が原因で消費者金融から借り入れをすることが出来なかった私は、生活するためにお金が必要でヤミ金からの借り入れを決意しました。ですが正社員での働き口を見つけたため借入額をボーナス一括で返済したいと申し出たところ、ボーナス一括で支払う手数料が必要だと言われました。」
この方は借り入れをする際に契約書類にボーナス一括での返済も可能と書いてあったためこの申し出をしたのですが、よく見るとその契約内容には期限が設けられていたのです。
とても小さい字で半年間有効・その後の契約内容は随時変更しますと書かれていて、この方は背筋が凍る思いをしたそうです。

借り入れする当初は高い金利も致し方ないと思っていましたが、ボーナス一括の場合には更に年利も高くなるというとんでもない条件を突き付けられ、とうとう返済自体が無理になってしまいました。

「正社員にやっとなれたのにその会社にも取立てが来て、自分から退職を願い出ました。夜道に黒っぽい服装の男性に後を付けられました。実家の家族から変な電話が来たり夜中に家の周りで物音がしたりするようになったと連絡が来ました。
ヤミ金は法外のやり方でお金をむしり取ろうとして来るので、とにかく実家の家族を守りたくて弁護士に相談をしました。そこで自己破産の手続きを教えてもらいヤミ金の取立てからは逃げることが出来ました。」

契約者本人だけではなくその家族も巻き込み恐怖を与えるヤミ金。消費者金融と違うということが分かっていても契約をして後悔をする方は後を絶ちません。


借りるなら必ず消費者金融で

自分の過去の借り入れ状況が悪かったり現在他社からの借り入れがあったりする場合には、新しい契約が難しいという事実はあります。アルバイトやパートで収入が固定でない場合は審査に落とされそうだと不安になる場合もあります。
しかし絶対に、ヤミ金に手を出してはいけません。自分だけが責任を取るだけでは済まず、家族や友人、恋人や会社など全ての方々に迷惑をかけた上自分の周りから消えることにもなってしまうからです。

この体験をされた方のように自分だけの判断でヤミ金を利用するという決断をしないようにしましょう。今の消費者金融は相談窓口もきちんと設けていますし、借り入れに関して不安なことは全て相談にのってくれます。現在の自分の状況だけでヤミ金を選択せず、比較をする目を持ち人に相談をして客観的な意見をきちんと聞き入れるようにしましょう。

気になる消費者金融のここをチェック!

Posted by aradmin on 2015年2月5日 with Comments Closed

お金を借りたいと考えて消費者金融のホームページに行き着いたら、まずは手をとめてじっくり観察してみましょう。そうまるで昆虫観察かのように細かく。
その消費者金融を選択したことによって自分の将来が明るいものになるのか暗いものになるのかが決まってしまうのです。
今回はその細かく見るための「虫眼鏡をあてるポイント」についてご紹介致します。


貸金業登録番号を探せ!

貸金業登録制度に基づき、日本ではお金を貸すという仕事をする場合に団体単位で認可を得るという規定があります。その認可がおりた際に貰える番号が貸金業登録番号です。この番号は団体一つ一つに固有で付けられ国が管理しています。ヤミ金はこの認可を得ることが出来ないため貸金業登録番号がありません。この番号がない場合はヤミ金確定です。

そしてもし番号があったとしてもその番号が偽物である可能性もあります。偽物かどうかは金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで比較・確認をすることも出来ますし、直接問い合わせをすることも可能です。


消費者金融は隠れ蓑

偽物の番号を用意したり消費者金融と偽ったり、ブラックなことに手を出しているヤミ金は本当に大変ですね。そんなに疲れるのであればきちんと認可されたサラ金になればいいのにと思いますが、欲深い人間はそういったことはお構いなしにお金を得るために手段を選ばず法外なことに手を出すのです。

そんな人間に自分の資産を取られてしまわないよう、ヤミ金を見極める力を持ち消費者金融を比較して自分に合ったものを選ぶよう意識しましょう。

消費者金融は手をこまねいているか

Posted by aradmin on 2015年2月5日 with Comments Closed

こまねいています。特にブラックがこまねいています。消費者金融のホームページや比較サイトを見ると「無職の方でも簡単に借りられます!」や「我々は皆さんに幸せになって頂きたいのです」という宗教じみた売り文句もありとても恐ろしいと感じます。

そこで今回はそんなブラックな金融機関とは一体どういうものなのかご紹介致します。


審査が甘いです!は嘘か誠か

消費者金融を調べてみると目につくのは審査が甘いという記述です。本来審査とはその人にお金を貸して良いかどうかという信頼を「企業側が」確かめる行為であって審査が甘いとなると損をするのは金融機関側なのです。それなのにも関わらず審査を甘くしていると謳うのはどうしてなのでしょうか。
それはとにかく契約させてしまおうという魂胆が裏に隠れているから、という理由もあります。本当に信用情報が危機に瀕していて借りたいのに借りることが出来ないという方を救済する処置として審査を甘くするというやり方もありますが、ブラックな金融期間はそれを逆手にとっているのです。


消費者金融は味方ですが

消費者金融はいわゆるサラ金という名前で、お金を借りることを目的とする金融機関の中でも銀行と同じくらい利用されています。そのサラ金と呼ばれる金融機関はきちんと法律に基づいて年利を設定したり返済期間などを設定したりしています。しかしブラック側になるヤミ金は法律を掻い潜り知識のない人間にさもそれが本当であるかのように見せかけ近づいて来ます。だからこそブラックを見極める知識が必要なのです。

自分を守りつつ自分のお金を守るためにもブラック金融の知識を会得しましょう。