みんながおもう夏季という理解。海、花火、催し。

目下年も夏場がやってきます。別年、夏場の楽しみは小お出かけ、伊東へのトリップと熱海の海上花火ビッグイベントだ。静岡市在住の私は、東静岡ターミナルから東海道線を使って行きます。
まずは夏場のスタートとして、伊東市川奈の小お出かけだ。伊豆唐突線で川奈まで赴き、ターミナルを降ります。後は歩いてで海岸まで坂を下りて行きます。ここは海辺ではなく、岩場の海岸だ。水が濁ることなく、海に入ってみると、魚が泳いでいるのが可愛らしく見える。遠くには灯台が思え、随時、白い小舟が通り過ぎて行きます。なんとなく日本の海岸線ではないような場面だ。しばらく海を眺めて、次の現地へ向かいます。一旦、ターミナルに向かって坂を登って行くので、暑くて汗だくになる。でもこれこそ夏場という感じです。次の現地は一碧湖だ。暑い中、停車駅まで歩いていきます。銭湯に乗ると冷房で気持ちがいいだ。一碧湖にたどり着く頃には昼過ぎ4時代をまわっていますが、お天道様は沈むことなく、日光はきついです。ここは日暮れ時代が素晴らしいです。別年、ここに来たくてお出かけを計画しているようなものです。
夏場の終わりは、熱海の海上花火ビッグイベントだ。同じく東海道線で熱海まで向かいます。正面が海、三方を山中で囲まれ、物音は優。最後の夏場を惜しむかのように、盛大に花火が打ち上げられます。これが終わると夏場も終わってしまうなぁと少し寂しさ感じます。
目下年はビデオカメラも買ったので、想う存分、撮ってこようと思っています。闇金の無料相談をお願いしたい。